令和2年秋期試験 問40

プロジェクトマネジメントの活動には,プロジェクト統合マネジメント,プロジェクトスコープマネジメント,プロジェクトスケジュールマネジメント,プロジェクトコストマネジメントなどがある。プロジェクト統合マネジメントの活動には,資源配分を決め,競合する目標や代替案間のトレードオフを調整することが含まれる。システム開発プロジェクトにおいて,当初の計画にない機能の追加を行う場合のプロジェクト統合マネジメントの活動として,適切なものはどれか。

  • 機能追加に掛かる費用を見積もり,必要な予算を確保する。
  • 機能追加に対応するために,納期を変更するか要員を追加するかを検討する。
  • 機能追加のために必要な作業や成果物を明確にし,WBSを更新する。
  • 機能追加のための所要期間を見積もり,スケジュールを変更する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトマネジメント
プロジェクト統合マネジメントは、プロジェクトマネジメント活動で発生する様々なプロセスグループを相互に調整・管理するプロセスです。このプロセスには「プロジェクト憲章の作成」「プロジェクトマネジメント計画書の作成」「統合変更管理」「プロジェクトの監視・コントロール終結」などの活動が含まれます。

プロジェクト全体を見渡して最適化を図るのが統合マネジメントの活動です。あらゆるプロセスで生じた変更要求は、統合マネジメントの統合変更管理プロセスによって審議されます。したがって「イ」が適切です。
  • 費用に関することですから、プロジェクトコストマネジメントの活動です。
  • 正しい。プロジェクト統合マネジメントの活動です。
  • プロジェクトの実施範囲に関することですから、プロジェクトスコープマネジメントの活動です。
  • スケジュールに関することですから、プロジェクトスケジュールマネジメントの活動です。

Pagetop