令和2年秋期試験 問44

次の作業はシステム開発プロセスのどの段階で実施されるか。

実務に精通している利用者に参画してもらい,開発するシステムの具体的な利用方法について分析を行う。

  • システム要件定義
  • システム設計
  • テスト
  • プログラミング
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム開発技術
小分類:システム開発技術
開発するシステムの利用方法について分析を行うのですから、設計やプログラミングなどの開発作業に先立って実施される作業であることがわかります。4つの工程は、システム要件定義→システム設計→プログラミング→テスト の順に行われ、システムにどのような機能が求められるかは最初のシステム要件定義で決める事柄です。

システム要件定義は、これから開発しようとするシステムの具体的な利用方法について分析し、機能や能力などのシステム要件を明らかにする工程です。利用者部門の担当者がシステム要件定義に参画することで、利用者側の要求を意見できたり、開発者側との認識の違いを埋めたりできます。開発側と利用者側が共通の認識を持って進めることで、要求通りのシステムとなる可能性が高まります。

したがって「ア」が正解です。

Pagetop