令和2年秋期試験 問83

建物や物体などの立体物に,コンピュータグラフィックスを用いた映像などを投影し,様々な視覚効果を出す技術を何と呼ぶか。

  • ディジタルサイネージ
  • バーチャルリアリティ
  • プロジェクションマッピング
  • ポリゴン
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:マルチメディア
小分類:マルチメディア応用
  • ディジタルサイネージは、従来のポスター広告などに代わり、ディジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどで映像や情報を表示する広告媒体です。
  • バーチャルリアリティは、コンピュータなどによって作り出された世界をコンピュータグラフィックスなど利用してユーザに体験させる技術です。「仮想現実」とも呼ばれます。
  • 正しい。プロジェクションマッピングは、プロジェクタ等の映写装置を用いて、建築物、湖、部屋、人体、空間などの立体物にコンピュータグラフィックス投影する技術です。
    83.gif
  • ポリゴン(polygon)は、元々多角形を意味する言葉ですが、3DCGにおいては多角形(多くの場合は三角形か四角形)を組み合わせて曲面や凹凸がある物体を近似的にモデリングする技法のことをいいます。

Pagetop