令和4年春期試験 問53

a~dのうち,システム監査人が,合理的な評価・結論を得るために予備調査や本調査のときに利用する調査手段に関する記述として,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

  1. EA(Enterprise Architecture)の活用
  2. コンピュータを利用した監査技法の活用
  3. 資料や文書の閲覧
  4. ヒアリング

  • a,b,c
  • a,b,d
  • a,c,d
  • b,c,d
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
選択肢が3つの組合せなので、予備調査や本調査の手段ではない一つが分かれば正解することができます。
  1. 不適切。EA(Enterprise Architecture)は、社会環境や情報技術の変化に素早く対応できるよう、全体最適の観点から業務とシステムを同時に改善していくためのフレームワークです。
  2. 適切。システム監査を支援する専用のソフトウェア等を利用したシステム監査です。システム監査基準において監査技法の一つとして記載されています。
  3. 適切。資料や文書の閲覧は、予備調査で必要な資料や情報を入手したり、本調査で監査証拠を入手したりするために行われます。
  4. 適切。ヒアリングとは、監査対象部門や関連部門にシステム監査人が質問し、回答を得る手法です。インタビューとも呼ばれます。予備調査でも本調査でも行われます。
適切なものは「b,c,d」なので「エ」が正解です。

Pagetop