平成21年春期試験 問77

暗号化に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 暗号文を平文に戻すことをリセットという。
  • 共通鍵暗号方式では,暗号文と共通鍵を同時に送信する。
  • 公開鍵暗号方式では,暗号化のための鍵と平文に戻すための鍵が異なる。
  • 電子署名には,共通鍵暗号方式が使われる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
  • 暗号文を平文に戻すことを復号といいます。
  • 共通鍵暗号方式では暗号化と復号に同じ鍵を使用します。共通鍵を同時に送ってしまったのでは、通信内容を傍受されたときに簡単に復号されてしまいます。共通鍵暗号方式では、あらかじめ安全な方法で通信相手に共通鍵を渡しておく必要があります。
  • 正しい。公開鍵暗号方式では「公開鍵」と「秘密鍵」という2種類の鍵を使用します。
    公開鍵暗号方式では、公開鍵を誰でも利用できるように公開しておき、秘密鍵は受信者が秘匿にしておきます。暗号化通信を行う際には、送信者が「受信者の公開鍵」で通信内容を暗号化し、受信者は「自身の秘密鍵」で暗号文を復号します。暗号化は誰でもできますが、復号できるのは公開鍵に対応する秘密鍵を持っている人だけなので安全に通信ができます。
    代表的な公開鍵暗号方式に大きな数の素因数分解が困難なことを利用したRSA、楕円曲線上の離散対数問題を利用した楕円曲線暗号などがあります。
  • 電子署名には、公開鍵暗号方式が使われます。

Pagetop