平成22年春期試験 問84

TCO(Total Cost of Ownership)の説明として,最も適切なものはどれか。

  • システム導入後に発生する運用・管理費の総額
  • システム導入後に発生するソフトウェア及びハードウェアの障害に対応するために必要な費用の総額
  • システム導入時に発生する費用と,導入後に発生する運用費・管理費の総額
  • システム導入時に発生する費用の総額
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
システムにかかる費用は発生する時期によって2つの種類に分類され、導入時に発生する費用をイニシャルコスト、運用時の管理や故障するに対する修理などにかかる費用をランニングコストといいます。
TCOは、イニシャルコストとランニングコストを含めた費用の総額を示す額です。

導入時の費用が低くても運用費が多かったり、またその逆もあるためシステム導入時にトータルでかかる総コストを算定します。この金額がTCOで、システム導入の可否を検討する材料として使われます。
  • ランニングコストの一部の費用です。
  • ランニングコストの一部の費用です。
  • イニシャルコストの説明です。

Pagetop