平成24年秋期試験問題 問32

図のプロセスでシステム開発を進める場合,システム方式設計に含める作業として,適切なものはどれか。
32.png

  • システムの機能及び処理能力の決定
  • ソフトウェアの最上位レベルの構造とソフトウェアコンポーネントの決定
  • ハードウェアやネットワークの構成の決定
  • 利用者インタフェースの決定
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム開発技術
小分類:システム開発技術
解説
図の各プロセスで行われる作業について簡単にまとめておきます。
システム要件定義
開発するシステムの具体的な利用方法について分析し、機能や能力などのシステム要件を明らかにする。
システム方式設計
システムの最上位レベルでの方式を確定する。すべてのシステム要件をハードウェアで実現するもの,ソフトウェアで実現するもの,および手作業で実現するもののいずれかに割りふる。
ソフトウェア要件定義
ソフトウェアに求められる機能や能力、利用者のインターフェース、セキュリティ仕様、データ定義およびデータベースに対する要件などのソフトウェア要件を明らかにする。
ソフトウェア方式設計
ソフトウェアの最上位レベルでの方式を確定する。すべてのソフトウェア要件をソフトウェアコンポーネントに割りふる。
上記の特徴を基に考えると、
  • システム要件定義に含まれる作業です。
  • ソフトウェア方式設計に含まれる作業です。
  • 正しい。システム方式設計に含まれる作業です。
  • ソフトウェア要件定義に含まれる作業です。

Pagetop