平成24年春期試験 問59

ディジタル署名を用いることで可能なことはどれか。

  • 署名された文書の暗号化方式の受信者への通知
  • 署名された文書の改ざんの検出
  • 署名された文書の改ざんの防止
  • 署名された文書の漏えいの防止
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
ディジタル署名は、公開鍵暗号方式を使ってディジタル文書の正当性を保証する技術です。ディジタル署名を利用して確認できることは「発信者が正当であるか」と「改ざんの有無」の2点です。また改ざんの検知はできますが改ざん部位の特定、および訂正機能はもちません。
  • ディジタル署名は、ディジタル文書の正当性を保証するための技術です。
  • 正しい。
  • 通信経路における改ざん防止はできません。
  • ディジタル署名は、文書自体を暗号化する技術ではないので内容の漏えいは防止できません。

Pagetop