経営・組織論(全49問中36問目)

経営管理の仕組みの一つであるPDCAのCによって把握できるものとして,最も適切なものはどれか。

出典:平成23年特別 問 8

  • 自社が目指す中長期のありたい姿
  • 自社の技術ロードマップを構成する技術要素
  • 自社の経営計画の実行状況
  • 自社の経営を取り巻く外部環境の分析結果
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:経営・組織論
PDCA(ピーディーシーエー)は、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(見直し・改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する手法です。
08.gif
Plan(計画)
従来の実績や将来の予測などをもとにして計画を作成する。
Do(実行)
計画に沿って業務を行う。
Check(評価)
業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
Act(改善)
計画どおりに実施されていない部分を調べて処置をする。
C(Check)では、業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認するプロセスとされているので、このプロセスで把握するものは「自社の経営計画の実行状況」ということになります。

Pagetop