令和元年秋期試験 問17

イノベーションのジレンマに関する記述として,最も適切なものはどれか。

  • 最初に商品を消費したときに感じた価値や満足度が,消費する量が増えるに従い,徐々に低下していく現象
  • 自社の既存商品がシェアを占めている市場に,自社の新商品を導入することで,既存商品のシェアを奪ってしまう現象
  • 全売上の大部分を,少数の顧客が占めている状態
  • 優良な大企業が,革新的な技術の追求よりも,既存技術の向上でシェアを確保することに注力してしまい,結果的に市場でのシェアの確保に失敗する現象
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:技術戦略マネジメント
小分類:技術開発戦略の立案・技術開発計画
イノベーションのジレンマとは、イノベーション分野における理論の1つで、イノベーションを普及させトップに立った先行企業が、真の顧客ニーズを軽視して成功した製品の改良に注力しすぎた結果、破壊的イノベーションを武器にする後続企業にシェアを奪われてしまう現象のことをいいます。

したがって「エ」の説明が適切です。
  • 収穫逓減の法則に関する記述です。
  • カニバリゼーションに関する記述です。
  • パレートの法則に関する記述です。
  • 正しい。イノベーションのジレンマに関する記述です。

Pagetop