令和2年秋期試験 問24

CADの導入効果として,適切なものはどれか。

  • 資材の所要量を把握して最適な発注ができる。
  • 生産工程の自動化と作業の無人化ができる。
  • 生産に関連する一連のプロセスを統合的に管理できる。
  • 設計データを再利用して作業を効率化しやすくする。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:ビジネスインダストリ
小分類:エンジニアリングシステム
CAD(Computer Aided Design)は、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること、またはその設計システムのことです。設計図がディジタルデータであるメリットを活用し、様々な設計現場で設計作業や図面管理の効率化・迅速化に寄与しています。

したがって、設計データがディジタル化されることによるメリットを説明している「エ」が適切です。
  • MRP(Material Requirements Planning)の導入効果です。
  • FA(Factory Automation)システムの導入効果です。
  • 生産管理システムの導入効果です。
  • 正しい。CADの導入効果です。

Pagetop