令和2年秋期試験 問33

インターネット上で通信販売を行っているA社は,販売促進策として他社が発行するメールマガジンに自社商品Yの広告を出すことにした。広告は,メールマガジンの購読者が広告中のURLをクリックすると,その商品ページが表示される仕組みになっている。この販売促進策の前提を表のとおりとしたとき,この販売促進策での収支がマイナスとならないようにするためには,商品Yの販売価格は少なくとも何円以上である必要があるか。ここで,購入者による商品Yの購入は1人1個に限定されるものとする。また,他のコストは考えないものとする。
33.gif

  • 1,020
  • 1,100
  • 1,500
  • 2,000
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
まず、広告を経由して購入される個数を計算します。100,000人のうち、2%が広告をクリックし、そのうち10%が商品Y(1個)を購入するので、購入個数は以下のように求められます。

 100,000×2%×10%=200個

販売促進策には総額で200,000円がかかっているので、200個の販売で少なくとも200,000円の利益を出さなければなりません。したがって、1個当たり「200,000円÷200個=1,000円」の利益が必要となります。

商品Yの原価は1個当たり1,000円なので、原価に必要な利益額を上乗せした「1,000円+1,000円=2,000円」が、200,000円の元を取るために必要な販売価格の下限となります。

したがって「エ」が正解です。

【別解】
方程式を使うなら、販売価格をaとして以下の計算で求めらることができます。

 200a-1,000×200=200,000
 200a=400,000
 a=2,000

Pagetop