令和2年秋期試験 問66

バイオメトリクス認証で利用する身体的特徴に関する次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

バイオメトリクス認証における本人の身体的特徴としては,aが難しく,bが小さいものが優れている。

66.gif
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
バイオメトリクス認証(生体認証)は、個人ごとに異なる身体の特徴や行動パターンを比較することで認証を行う技術です。事前に個人の身体的特徴等をシステムに登録しておき、認証時に入力されたデータとの類似度によって本人かどうかの判定を行います。

aについて〕
不正認証を防ぐためには偽造が困難な特徴を用いる必要があります。一般的に指紋認証や顔認証は偽造に弱いと言われています。
判別が困難だと本人を他人と識別して拒絶してしまうリスク、他人を本人を識別してしまうリスクが高まるので、他人と本人の判別が明確にできる特徴が優れていると言えます。

bについて〕
身体的特徴でも経年劣化しやすいもの、しにくいものがあります。顔や声は経年により変化しやすいですが、虹彩や静脈は変化がありません。
個人差が小さい特徴は誤認証のリスクが高くなるので適していません。

したがって「ア」の組合せが適切です。

Pagetop