平成21年秋期試験 問78

RAIDの利用目的として,適切なものはどれか。

  • 複数のハードディスクに分散してデータを書き込み,高速性や耐故障性を高める。
  • 複数のハードディスクを小容量の筐(きょう)体に収納し,設置スペースを小さくする。
  • 複数のハードディスクを使って,大量のファイルを複数世代にわたって保存する。
  • 複数のハードディスクを,複数のPCからネットワーク接続によって同時に使用する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
RAID(Redundant Arrays of Independent Disks,レイド)とは、複数台の安価な磁気ディスクを組み合わせて全体として高い信頼性を得る方式です。実現レベルによってRAID0~RAID5、さらにRAID6、RAID7といった方式があります。
RAIDを用いると、ミラーリングで冗長性を確保したり、エラー訂正符号を含むデータを分散配置することで、耐障害性を確保しながら読み書き速度を向上させたりといったことができます。
  • 正しい。RAIDの目的です。
  • ラックマウントHDDケースの目的です。
  • バックアップの目的です。RAIDでは複数のディスクを合わせて一つのディスクシステムを構成するので、複数世代のデータを保存しておくことはできません。(データのミラーリングには対応しています)
  • NAS(Network Attached Storage)の目的です。

Pagetop