平成22年春期試験 問2

A社,B社の売上高および営業利益のグラフの説明として,適切なものはどれか。
02.gif

  • A社はB社より売上高の伸び率が高いが,2008年の売上高営業利益率は低い。
  • A社はB社より売上高の伸び率が低いが,2008年の売上高営業利益率は高い。
  • A社はB社より売上高の伸び率も2008年の売上高営業利益率も高い。
  • A社はB社より売上高の伸び率も2008年の売上高営業利益率も低い。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:業務分析・データ利活用
  • 売上高の伸び率が高いのは、B社の方であるため間違った説明です。
  • 正しい説明です。2008年を見るとA社, B社ともに同じ売上高ですが、営業利益にいてはA社のほうが高くなっているのがわかります。売上高営業利益率は、売上高に占める営業利益の割合ですので、同じ売上高であれば営業利益が多いほど、売上高営業利益率も高くなるというわけです。
  • 売上高の伸び率が高いのは、B社の方であるため間違った説明です。
  • 売上高の伸び率が低いのは確かですが、2008年の売上高営業利益はB社よりも高いので間違った説明です。

Pagetop