平成24年春期試験 問67

HTMLに関する記述として,適切なものはどれか。

  • タグを使ってWebページの論理構造やレイアウトが指定できるマークアップ言語である。
  • ブラウザで動作する処理内容を記述するスクリプト言語である。
  • ブラウザとWebサーバとの間で行う通信のプロトコルである。
  • 利用者が独自のタグを定義してデータの意味や構造を記述できるマークアップ言語である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:アルゴリズムとプログラミング
小分類:その他の言語
HTML(HyperText Markup Language)は、Webページを記述するためにタグを使って文書構造を表現するマークアップ言語です。
ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つでHTMLでマークアップされたドキュメントはほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持っています。

当然ながらサイトもHTMLで記述されているので、ブラウザの右クリックメニュー→「ソースを表示」を行うと、どのようなHTMLで記述されているかを確認できると思います。
  • 正しい。HTMLの説明です。
  • JavaScriptの説明です。
  • HTTP(HyperText Transfer Protocol)の説明です。
  • XML(eXtensible Markup Language)の説明です。HTMLで扱えるのは定義済みのタグだけです。

Pagetop