ITパスポート試験 用語辞典

シラバス外
MR
【Mixed Reality】
CGなどでつくられたディジタル空間に現実世界の情報を取り入れ、それらを融合し、互いに影響し合う世界を作り出す技術の総称。カメラで撮影した画像をリアルタイムでディジタル空間に反映するなどの取組みがある。
↓ 用語データを見る
別名:
複合現実
分野:
分野:テクノロジ系
中分類:マルチメディア
小分類:マルチメディア応用
重要度:
(Wikipedia 複合現実より)

複合現実(ふくごうげんじつ、Mixed Reality、MR)とは、現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般を指す。

ミクスト・リアリティ複合現実感とも。拡張現実 (AR) と拡張仮想 (AV) を包含する概念である。

空間的整合性、時間的整合性、光学的整合性など実空間と合致させる要素によって、その性質が評価される。

「マルチメディア応用」の用語

「マルチメディア」の他の分野

「テクノロジ系」の他のカテゴリ

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「複合現実」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。


Pagetop