ITパスポート試験 用語辞典

シラバス外
OMR
【Optical Mark Reader】
規則に従って紙などに記入または印刷されたマークを読み取り、コンピュータにデータとして入力する装置。代表的な利用例としてマークシートや、バーコードがある。
↓ 用語データを見る
別名:
光学式文字読取装置
分野:
分野:テクノロジ系
中分類:ハードウェア
小分類:コンピュータ・入出力装置
重要度:
(Wikipedia 光学式マーク認識より)

光学式マーク認識(こうがくしきマークにんしき、光学マーク認識、OMR:Optical Mark RecognitionもしくはOptical Mark Reading)は、(通常は)紙の形式からコンピュータにデータを入力する方式の一つである。あらかじめ決められた規則に従って紙に記入または印刷されたマークを読み取る。よって、OCRとは異なり、文字を認識するエンジンを必要としない。OMRに使用されるマークは他の部分との間に高いコントラストがあり、容易に認識できる特殊な形である必要がある。

OMRが使われているものでよく知られているものは、試験などに使われるマークシートである。シートにはあらかじめ円や正方の枠が印刷されており、答えに対応する枠の中を黒く塗りつぶすことで回答する。その後、シートは機械にかけられて自動的に採点が行われる。

他のOMRの利用例としてバーコードがある。






「コンピュータ・入出力装置」の用語

「テクノロジ系」の他のカテゴリ

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「光学式マーク認識」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。


Pagetop