知的財産権(全59問中17問目)

著作権の説明と保護の対象に関して,次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

著作権は,aに関する著作者の権利であり,bは保護の対象ではない。

出典:平成29年秋期 問28

28.gif
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:知的財産権
著作権(ちょさくけん)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現したものに認められる、それらの創作物を独占的に利用できる権利です。
ただし、「プログラム言語」「プログラム規約」「アルゴリズム」の3つは、著作権法第10条の3の規定により著作権保護の対象外とされています。プログラム言語は対象外ですが、プログラム言語によってつくられたプログラム(ソースコード)は保護対象になります。

したがって適切な組合せは「エ」です。

ちなみに「新規の工芸品などについて,そのデザインの工業的利用」を独占的に認める権利とは意匠権のことです。

Pagetop