労働関連・取引関連法規(全27問中27問目)

労働基準法を説明したものはどれか。

出典:サンプル問題1 問 6

  • 生活の安定,労働力の質的向上のために最低の賃金を保障した法律
  • 短時間労働者の福祉の増進を目的に定められた法律
  • 必要な技術をもった労働者を企業に派遣する事業に関しての法律
  • 労働時間,休憩,休暇など労働条件の最低ラインを定めた法律
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:労働関連・取引関連法規
労働基準法は、労働者の労働条件(賃金,労働時間,休憩など)の最低基準を定めた法律で、一人以上の労働者を雇用するすべての事業所に適用されます。労働基準法に定められる水準以下で労働者を雇用した場合には、罰則が適用されます。
  • 最低賃金法の説明です。
  • パートタイム労働法の説明です。
  • 労働者派遣法の説明です。
  • 正しい。労働基準法の説明です。

Pagetop