経営管理システム(全35問中14問目)

CRMの前提となっている考え方として,最も適切なものはどれか。

出典:平成28年秋期 問 5

  • 競争の少ない領域に他社に先駆けて進出することが利益の源泉となる。
  • 顧客との良好な関係を構築し,維持することが利益の源泉となる。
  • 製品のライフサイクルを短縮することが利益の源泉となる。
  • 特定市場で大きなシェアを獲得することが利益の源泉となる。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:経営管理システム
CRM(Customer Relationship Management)は、顧客との長期的な関係を築くことを重視し、顧客の満足度と利便性を高めることで、それぞれの顧客の顧客生涯価値を最大化することを目標とする考え方です。基本となる情報以外にも商談履歴、通話内容の記録、取引実績などの顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、企業活動に役立てます。
  • ブルーオーシャン戦略の考え方です。
  • 正しい。CRMの考え方です。
  • 製品戦略における計画的陳腐化の考え方です。
  • ニッチ戦略の考え方です。

Pagetop