令和元年秋期試験 問33

RPA(Robotic Process Automation)の事例として,最も適切なものはどれか。

  • 高度で非定型な判断だけを人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,求人サイトにエントリーされたデータから採用候補者を選定する。
  • 人間の形をしたロボットが,銀行の窓口での接客など非定型な業務を自動で行う。
  • ルール化された定型的な操作を人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,インターネットで受け付けた注文データを配送システムに転記する。
  • ロボットが,工場の製造現場で組立てなどの定型的な作業を人間の代わりに自動で行う。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム戦略
小分類:業務プロセス
RPA(Robotic Process Automation)は、これまで人間が行ってきた定型的なパソコン操作を、コンピュータ上で動作するソフトウェアのロボットにより自動化するものです。具体的には、ユーザ・インターフェース上の操作を認識する技術とワークフロー実行を組み合わせ、表計算ソフトやメールソフト、ERP(基幹業務システム)など複数のアプリケーションを使用する一連の業務プロセスをオートメーション化します。主に間接部門の業務を効率化するために使用されます。

日本の生産労働人口が減少局面にあるなか、従来より少ない人数で生産力を高めるための手段としてRPAへの注目が高まっています。
  • RPAが代替するのは定型業務です。本肢は「高度で非定型な判断」を行う事例なので誤りです。
  • ハードウェアである「人間の形をしたロボット」を使う点、及び「非定型な業務」を扱う点で誤りです。
  • 正しい。コンピュータ上で行う「定型業務」を「ソフトウェア」の力によって自動化するのがRPAです。
  • RPAはソフトウェアの機能によって事務作業の自動化を行う仕組みです。工場で動くハードウェアロボットはRPAの範疇に含まれません。

Pagetop