ITパスポート試験 用語辞典

ver5.0
Wi-Fi Direct
無線端末同士が直接Wi-Fi接続するための通信方式。

通常であれば機器同士の接続はルータを介してする必要があるが、Wi-Fi Direct対応機器はルータが持つアクセスポイント機能を備えているため、ルータなくして直接接続できるようになっている。機器同士を接続するうえで、どちらか一方がWi-Fi Directに対応していれば利用可能。
Wi-Fi Directは容易に利用できるため、テレビやレコーダ、スマートフォンからパソコンまで幅広い機器が対応している。スマートフォンの画面をパソコンやテレビに表示するミラーリングも、Wi-Fi Directによって実現されている。似た技術として、Bluetoothが挙げられる。Wi-Fi DirectはBluetoothの上位互換といってもよく、通信速度や容量、距離が勝っている。なお、Wi-Fi Directはインターネット接続機能を持たないことに注意。
↓ 用語データを見る
分野:
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
重要度:

「ネットワーク方式」の用語

「ネットワーク」の他の分野

「テクノロジ系」の他のカテゴリ


Pagetop