ITパスポート試験 用語辞典

ver5.0
てぃーぴーえむ
TPM
【Trusted Platform Module】
コンピュータのマザーボードなどに装着されるセキュリティ関連の処理機能を実装した半導体チップで、暗号化/復号処理、鍵ペアの生成、ハッシュ値の計算、デジタル署名の生成・検証などを行う。これにより、ハードウェアレベルでOSやアプリケーションの改ざん検知、端末認証、ストレージ全体の暗号化などの機能が提供される。

機密情報の搾取などの情報セキュリティ上の脅威への対策が、あらかじめ機器に組み込まれているということになる。物理的に取りだしても外部からは読みだせないエリアが設けられ、暗号鍵、認証情報、電子証明書などの重要な情報を確実に保護できる。OSやアプリケーションから独立しているので、ハードディスクに保存するよりはるかに安全に管理できる。その反面、TPM自体やPCが破損してしまった場合の復旧が難しいのが難点である。
↓ 用語データを見る
別名:
セキュリティチップ
分野:
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
重要度:

「情報セキュリティ対策・実装技術」の用語

「セキュリティ」の他の分野

「テクノロジ系」の他のカテゴリ


Pagetop