システム開発技術 (全101問中8問目)

No.8

新システム導入に際して,ハードウェア,ソフトウェアで実現する範囲と手作業で実施する範囲を明確にする必要がある。これらの範囲を明確にする工程はどれか。
  • 運用テスト
  • システム方式設計
  • ソフトウェア導入
  • ソフトウェア要件定義

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

システム方式設計は、要求されるシステムを実現するために必要とされるハードウェア構成品目、ソフトウェア構成品目及び手作業を明確にする工程です。定義されたシステム要件はこれらの項目に割り振らなけらばなりません。
53.gif/image-size:370×192
したがって「イ」が正解です。
  • 運用テストは、システムの運用部門が業務の流れに沿ってシステムのテストを行い、実際の稼働状況において不具合が発生しないかを検証する工程です。
  • 正しい。
  • ソフトウェア導入は、開発されたソフトウェアを実環境に導入するするための計画を作成し、その導入計画に従い、利用者を支援しながらソフトウェアを実環境に導入する工程です。
  • ソフトウェア要件定義は、システムを構成する各ソフトウェアごとに行われ、機能や能力などそれぞれのソフトウェアに必要な機能を明らかにする工程です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop