ITパスポート 試験情報&徹底解説

HOME > 統計情報

ITパスポートの合格率やその他試験の統計情報をグラフ化して公開しています。試験の傾向を把握するのにお役立てください。

ITパスポートの合格率 その他統計情報

このページではIPAによって公開されている情報処理技術者試験の「統計資料」をもとに、試験の推移がわかりやすいように「Google Chart Tools」を用いたグラフ形式で公開しています。
合格率がどのように変化しているのかなどを見て、次回の試験の難易度を予想したりすることにお役立てください。

※24年度以降は公開されている統計資料をもとに当サイト独自に集計した半期ごとの期間合計です。

受験者数と合格者数の推移

1.受験者数と合格者数の推移

読込み中

初回の21年春期こそ初級シスアドと同時開催ということで受験者が少なかったですが、21年秋期以降は年間換算で10万人以上が受験する資格でした。CBT方式移行後は受験者が伸び悩みましたが、ここ最近はITパスポート試験の認知度が高まりからなのか若干でありますが持ち直しているようで受験者数は増加傾向にあります。

2.合格率の推移

初回の試験は72.3%と非常に高い合格率でしたが、これは「初回の試験は簡単になる」と「初級シスアド組の流入」という2つの要素が組合わさったためです。この合格率は初回だけのボーナスなので、また合格率が高くなると期待しないほうが良いでしょう。むしろ2回目以降がこの試験本来の難易度と考えてください。
現に合格率は以後低下しITパスポートのスタート時にIPAの目標50%に近辺に落ち着きそうです。

合格者の平均年齢、および回ごとの最年少・最高齢合格者年齢

読込み中

他の試験区分と比較して受験者の年齢層が幅広いことが特徴です。10才の合格者がいるように学生のうちでも取得は十分に可能です。

統計から見るITパスポートは、

  • 合格率が50%前後
  • 最年少で10才が合格
  • 受験者の年齢層が幅広い