HOME»ITパスポート合格のメリット

ITパスポート試験に合格できたとしたら、どんな利点があるのでしょうか?
あなたはどんな目的でITパスポートを受験しますか?

ITパスポート合格のメリット

世間的に認知度の高い国家試験であるITパスポート試験に合格することで、合格によるスキルアップのほかに様々なメリットがあると思われます。

1.企業からの高い評価

全社員向けの表彰対象試験や推奨資格として、採用する企業が増えてきています。このように企業内で採用されると合格者に対して一時金が支給されたり、通信講座の受講料を会社が負担してくれるといったように合格までにかけたコストをペイできます。

2.質の高い試験

急速に進む情報技術に柔軟に対応し質の高い試験を維持するため、IT現場の第一線で活躍されている専門家や、大学・研究所など高等教育機関に所属されている専門家約400名からなる試験委員が問題を作成しています。 情報処理技術者試験は、特定のOSや機種・ソフトに限った知識が出題されることはほとんど無く、情報学の確信にある基礎的な部分を幅広く習得することが可能です。最新の技術が問題に取り込まれたり、常に時代の変化に対応する試験であるといえます。

3.学校などでの単位認定や推薦などで有利

ITパスポート』は、『基本情報技術者』とともに、厚生労働省が創設した『若年者就職基礎能力支援事業"YES-プログラム"』に認定されています。
情報処理技術者試験全体では、入試優遇制度を利用している学校が258校、単位認定制度を採用している学校が77校あります。
従来の情報処理技術者試験と違い難易度はそれほど高くないため(この試験の目指している合格率は、受験資格のない国家資格としては高い50%程度だといわれています。)きちんとした勉強と対策さえすれば、中学や高校在学中でも十分に合格できるレベルですし、実際に中学生や高校生の合格者もたくさんいます。

4.さらに上位試験への足がかり

ITパスポートは、情報処理技術者試験の共通キャリアフレームワークの中でレベル1と位置づけられています。これに合格することで、レベル2の基本情報技術者、情報セキュリティマネジメントへの道も開けてくると思います。上位試験の合格にはアルゴリズムやプログラム言語の知識が求められることもあり、そう簡単ではありませんが、ITパスポート試験の範囲を深くしたものがほとんどです。
この試験範囲の知識をしっかり身につけることで基本情報技術者試験、情報セキュリティマネジメント試験等の上位試験を目指すときの基盤となってくれることでしょう。

ITパスポート合格のメリットとは、

  • 国が認定する国家試験である
  • ITに関する幅広い知識を習得できる
  • 単位認定や推薦優遇がある
  • 上位資格を目指すための基盤ができる
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop