ITパスポート 平成24年秋期 問86

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問86

粗利益合計に対するメニュー別粗利益の占める比率(以下,粗利益比率という)を求めるために,次のワークシートのセルG2に計算式を入力して,セルG3〜G5に複写する。セルG2に入力する計算式はどれか。
 なお,粗利益比率を求めているセルの表示形式はパーセント表示である。
86.gif/image-size:525×156

分類

テクノロジ系

正解

解説

各商品の粗利益の全体に占める割合を求めるには、

 各商品の粗利益/粗利益の合計

という計算式が必要になります。粗利益の合計はセルF6に計算されているのでこれを利用し、粗利益比率を表示するセルG2〜G5にセルの複写なしで計算式を入力したとすると、
  • セルG2=F2/F6
  • セルG3=F3/F6
  • セルG4=F4/F6
  • セルG5=F5/F6
上記の式がそれぞれのセルに入るべき計算式だとわかります。

計算式を見ると、粗利益の合計を表すセルF6の番地は固定,各商品の粗利益はセルが1つ下の行に移動するごとに参照先も1つ下の行に移動しています。つまり複写もととなるセルG2では。各商品の粗利益であるF2を相対参照、粗利益の合計を表すセルF6は行を絶対参照にした「F$6」と指定すればよいことになります。(この問題では複写が縦方向だけに行われるので参照指定で注意するのは列番号だけになります)
  • F2/E2は粗利益/売上高を計算しています。これは粗利益率を求める計算式なので誤りです。
  • セルF6の列番号を絶対参照にしないと、セルの複写に合わせて粗利益の合計の参照セルがF6→F7→F8というようにずれていってしまうので誤りです。
  • 正しい。
  • 合計(E$2〜E$5)は売上高の合計を求める計算式のため、粗利益比率を求める式としては誤りです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop