ITパスポート令和元年秋期 問58

問58

PCの周辺装置を利用可能にするためのデバイスドライバに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • HDDを初期化してOSを再インストールした場合,OSとは別にインストールしていたデバイスドライバは再インストールする必要がある。
  • 新しいアプリケーションソフトウェアをインストールした場合,そのソフトウェアが使用する全てのデバイスドライバを再インストールする必要がある。
  • 不要になったデバイスドライバであっても,一度インストールしたデバイスドライバを利用者が削除することはできない。
  • プリンタのデバイスドライバを一つだけインストールしていれば,メーカや機種を問わず全てのプリンタが使用できる。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

デバイスドライバ(Device Driver)は、OSが標準でサポートしていない周辺機器の管理・制御をするための抽象化したインタフェースを他のアプリケーションソフトウェアに対して提供するソフトウェアです。単にドライバとも呼びます。

周辺機器を制御するためには機器固有の仕様や設定内容を管理する必要があります。周辺機器の種類は多く、OSにあらかじめ全てのデバイスドライバを搭載しておくことは現実的ではないため、新しい周辺機器を接続するときに、その製品に対応したデバイスドライバを別モジュールとしてOSに組み込む仕組みになっています。キーボードやマウスを扱うのにもデバイスドライバが必要ですが、OS標準で組み込まれているため利用者がインストールすることはほぼありません。
  • 正しい。OSを再インストールするとOS標準のデバイスドライバ以外は消えてしまいます。初期化前と同じように周辺機器を扱うには、対応するデバイスドライバを再インストールしなければなりません。
  • デバイスドライバはOSに組み込まれる機能であり、アプリケーションとデバイスドライバは独立しています。新しいアプリケーションをインストールした場合でもデバイスドライバを再インストールする必要はありません。
  • デバイスドライバはOSの管理画面から任意に削除できます。Windowsであればデバイスマネージャー、Macであればドライバフォルダがそれに相当します。
  • デバイスドライバは機器又はメーカ固有のものです。別々メーカのプリンタが2台あれば、デバイスドライバも2台分インストールしなければなりません。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop