ITパスポート令和元年秋期 問66

問66

関係データベースにおいて,主キーを設定する理由はどれか。
  • 算術演算の対象とならないことが明確になる。
  • 主キーを設定した列が検索できるようになる。
  • 他の表からの参照を防止できるようになる。
  • 表中のレコードを一意に識別できるようになる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

主キー(Primary Key)とは、関係データベースのテーブル(表)ごとに設定され、テーブルの中のレコード(行)を一意に特定できる値を保持する属性(列)、または属性の組合せのことです。

主キーとなる属性は、一意性制約 及び NOT NULL制約 という2つの特性を持っていなければなりません。
一意性制約
表内のレコードを一意に識別することができる
NOT NULL制約
値としてNULL値(空値)をもつことがない
  • そのような制約はないので誤りです。
  • 主キーではない列でも検索対象とすることができるので誤りです。
  • 主キーを設定した列は、別表の外部キーから参照される対象となるため誤りです。
  • 正しい。主キーの値をもとに表中のレコードを一意に識別できます。
66.gif/image-size:459×259
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop