オリジナル予想問題1 問5

問5

製造業における生産方式のうち,組立の製造工程で多品種を少量生産するのに適している手法はどれか。
  • カンバン方式
  • セル生産方式
  • ライン生産方式
  • BTO方式

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

セル生産方式とは、製造業における生産方式で、1人、または少数の作業者チームで製品の組み立て工程を完成(または検査)まで行います。ライン生産方式などの従来の生産方式と比較して、作業者一人が受け持つ範囲が広く多品種を生産するときフレキシブルな切り替えが可能という特徴があります。
作業者の周囲に組付工具や部品、作業台が「コ」の字型に囲む様子を細胞に見立てセル生産方式と呼ばれています。
  • カンバン方式は工程間在庫の最小化を目的に、"カンバン"と呼ばれる生産指示票を使う生産技術です。
  • 正しい。
  • ライン生産方式は、単一の製品を大量に製造するための方法。大量生産を行う工場で製品の組み立て工程、作業員の配置を一連化(ライン化)させ、ベルトコンベアなどにより流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を行う作業のことです。流れ作業やライン作業と呼ばれます。
  • Build to Orderの略。顧客の注文が入ってから生産を開始する受注生産方式のことです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop