ITパスポート令和2年秋期 問32

問32

ある会社のECサイトでは,利用者からのチャットでの多様な問合せについて,オペレータが対応する仕組みから,ソフトウェアによる自動対応に変更した。このとき,利用者の過去のチャットの内容などを学習して,会話の流れから適切な回答を推測できる仕組みに変更するために使われた技術として,最も適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

相手からのメッセージに対して、テキストや音声でリアルタイムに応答するようにプログラムされたソフトウェアをチャットボットと言います。利用者の問いかけを認識して最適な答えを判断するために、内部にはAI(人工知能)の技術が使われています。

機械学習やAIの進化に伴ってチャットボットも進化しており、人件費の削減を図るためにECサイトやカスタマーサポートに活用されることが増えてきています。
  • 正しい。チャットボットにはAIの音声認識や自然言語処理の技術が使われています。
  • Augmented Realityの略で拡張現実のこと。現実世界の情報にディジタル合成などによって作られた情報を重ねて、人間から見た現実世界を拡張する技術です。
  • Customer Relationship Managementの略。顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的な関係を企業活動に役立てる経営管理手法です。
  • Enterprise Resource Planningの略。企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法です。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop