ITパスポート令和2年秋期 問5

問5

製造業における標準化の事例として,最も適切なものはどれか。
  • 作業負荷の均衡を図り,かつ,前工程から引き取る部品の種類と量を平準化した。
  • 生産活動を合理化するために,製造に必要な部品や手順を統一した。
  • 生産管理プログラムの実行速度を向上させるために,最適なアルゴリズムを選択した。
  • 製品の種類の削減や作業内容の見直しを通じて,生産計画,生産工程,作業方法を簡素化した。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

製造業における標準化(Standardization)とは、設計、計画、業務、データベースなどで繰り返し共通に用いるために標準を設定し、その標準に基づいて管理活動を行うことをいいます(JIS Z 8141:2001)。標準化の目的は、生産活動や品質の安定化、人によるばらつきの低減、コスト低減および管理容易性の向上などを図ることです。

部品や材料の共通化、業務ルールの明確化、品質基準の設定、標準作業と標準時間の設定などが標準化で定められる標準の例です。

したがって標準化の事例は「イ」です。
  • 平準化の説明です。JIS Z 8141:2001では「作業負荷を平均化させ,かつ,前工程から引き取る部品の種類と量が平均化されるように生産する行為」と定義されています。
  • 正しい。標準化の説明です。
  • 最適化または専門化の説明です。
  • 単純化の説明です。JIS Z 8141:2001では「設計,品種構成,構造,組織,手法,職務,システムなどの複雑さを減らすこと」と定義されています。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop