ITパスポート令和3年春期 問40

問40

同一難易度の複数のプログラムから成るソフトウェアのテスト工程での品質管理において,各プログラムの単位ステップ数当たりのバグ数をグラフ化し,上限・下限の限界線を超えるものを異常なプログラムとして検出したい。作成する図として,最も適切なものはどれか。
  • 管理図
  • 特性要因図
  • パレート図
  • レーダチャート

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

  • 正しい。管理図とは、工程の状態や品質を時系列に表した図のことで、工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために用います。例えば日ごとに不良品の個数を記録し、統計的に求めた上方管理限界と下方管理限界を超えた位置に値が記録された場合には、その日に何らかの異常が発生していることがわかります。
    設問の「上限・下限の限界線を超えるものを…検出したい」という記述から管理図の使用が適切であると判断できます。
    40.gif/image-size:418×223
  • 特性要因図は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わした図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点をはっきりさせる効果があります。
  • パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要な要素を識別するために使用されます。
  • レーダチャートは、複数項目の基準値に対する比率をプロットし、各点を線で結んだ形状によって、全体のバランスを比較するのに適した図です。各項目は円状または正多角形状に配置されるので、その形状から「クモの巣グラフ」とも呼ばれます。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop