ITパスポート令和4年春期 問100

問100

社内に設置された無線LANネットワークに接続している業務用のPCで,インターネット上のあるWebサイトを閲覧した直後,Webブラウザが突然終了したり,見知らぬファイルが作成されたりするなど,マルウェアに感染した可能性が考えられる事象が発生した。このPCの利用者が最初に取るべき行動として適切なものはどれか。
  • Webブラウザを再インストールする。
  • マルウェア対策ソフトのマルウェア定義ファイルを最新にする。
  • 無線LANとの通信を切断し,PCをネットワークから隔離する。
  • 無線通信の暗号化方式を変更する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

コンピュータがマルウェアに感染した可能性を認識したとき、最初に取るべき行動は、接続しているネットワークを介して他のコンピュータに被害が広がらないように、感染が疑われるコンピュータをネットワークから切り離すことです。有線LANであればLANケーブルを物理的に取り外しますが、無線LANではケーブルがないのでWi-Fiを切るなどして無線ネットワークに接続できないようします。その後、上長やセキュリティ管理者に連絡して指示を仰ぐのが適切な対処と言えます。

したがって、無線LAN通信を切断している「ウ」が適切な行動です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop