初級シスアド 平成21年春期 問15

問15

関係データベースを利用する際に入力する利用者IDに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 利用者IDごとに,表の利用を制限したり,許可したりする。
  • 利用者IDは,表の利用を許可するために,表ごとにただ一つ決められている。
  • 利用者IDを利用することによって,表に対するアクセスの排他制御を行う。
  • 利用者IDを利用することによって,複数の表に対する更新の同期制御を行う。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

データベースは、組織内の様々な役職・部門の人が利用します。利用者IDを設定することにより利用者ごとに表に対するアクセス権限を設定することが可能となります。
  • 正しい。
  • 表ごとに共通のIDでは、利用者よってアクセス権限を適切に管理することができません。
  • 排他制御はデータベース管理システムの機能の1つです。
  • 複数の表に対する更新の同期制御は、データベース管理システムの機能の1つであり、利用者IDの設定とは関係ありません。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop