初級シスアド 平成21年春期 問7

問7

仮想記憶方式が主記憶に及ぼす効果はどれか。
  • 主記憶の実効アクセス速度が速くなる。
  • 主記憶の情報が電源を切っても消えない。
  • 主記憶の見掛け上の容量が増加する。
  • 主記憶をキャッシュメモリとして使用できる。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

仮想記憶は、磁気ディスク装置などの補助記憶装置を使用して、主記憶装置の容量よりも大きなプログラムやデータを処理する方式です。

仮想記憶では、プログラムの実行に必要な部分を主記憶に、優先度の低い部分を補助記憶装置に退避させ、プログラムの実行に合わせて主記憶と補助記憶の間でデータの入れ替えを行うことで主記憶の容量よりも大きなデータ量を扱うことを可能にします。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop