ITパスポート 平成22年春期 問1

問1

他者が開発した先進的な技術と,高い研究能力をもった人材を,自社固有の経営資源として取り込むことが可能な戦略はどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

M&A(Mergers and Acquisitions)とは、合併と買収の略で、自社に吸収合併したり、他社の株式を多く取得し買収することで子会社化し、自社の経営資源とすることが可能です。
新規事業や市場への参入、企業グループの再編、事業統合、経営が不振な企業の救済などを目的として実施されます。
  • 正しい。
  • R&Dとはリサーチ&ディベロップメント(Research and Development)の略称で、いわゆる研究開発活動のことです。
  • アライアンスとは、日本語に直訳すると「同盟」という意味で、企業同士の提携の意味で、ある企業と提携し共同で事業を行っていくことをいいます。
  • 技術提携とは、企業同士がそれぞれの目的に応じて実施する業務提携の一形態で、技術に関する情報を共有して開発や生産を進めることです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop