ITパスポート平成24年春期 問57

問57

ADSLに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • ADSLを使用するためには,自宅まで光ケーブルが引き込まれている必要がある。
  • ISDN回線でもADSLを使用することができる。
  • 光ケーブルではない一般のアナログ電話回線を使用する。
  • 自宅から最寄りの電話局までの距離は,ADSLの通信速度とは無関係である。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

ADSLは、一般家庭に普及しているアナログ電話回線をそのまま利用し、それまでに使用されていなかった周波数帯域を利用することでディジタル通信を行う伝送方式です。「下り」(通信業者から利用者へ)と「上り」(利用者から通信業者へ)の通信速度が異なるため非対称ディジタル加入者線と呼ばれます。
  • ADSLでは電話回線を使用して通信を行うので光ケーブルは使用しません。
  • ISDNはディジタル回線を利用したサービスなので、アナログ回線を利用するADSLを使用することはできません。
  • 正しい。
  • ADSLでは伝送損失が生じるため電話基地局からの距離が比例して通信速度が遅くなる問題があります。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop