ITパスポート 平成28年春期 問92

問92

毎週日曜日の業務終了後にフルバックアップファイルを取得し,月曜日〜土曜日の業務終了後には増分バックアップファイルを取得しているシステムがある。水曜日の業務中に故障が発生したので,バックアップファイルを使って火曜日の業務終了時点の状態にデータを復元することにした。データ復元に必要なバックアップファイルを全て挙げたものはどれか。ここで,増分バックアップファイルとは,前回のバックアップファイル(フルバックアップファイル又は増分バックアップファイル)の取得以降に変更されたデータだけのバックアップファイルを意味する。
  • 日曜日のフルバックアップファイル,月曜日と火曜日の増分バックアップファル
  • 日曜日のフルバックアップファイル,火曜日の増分バックアップファイル
  • 月曜日と火曜日の増分バックアップファイル
  • 火曜日の増分バックアップファイル

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

設問のバックアップ計画のように、定期的にフルバックアップを行い、次のフルバックアップまでの期間は、フルバックアップ以降に変更のあったファイル(差分・増分)だけを日ごとに記録する方式を差分バックアップ方式といいます。この方式における復旧作業は、まずフルバックアップを適用し、その後、差分バックアップを1日ごとに適用するという流れになります。

火曜日の業務終了時点の状態にデータを復元するためには、以下の手順で回復作業が行います。
  1. 日曜日のフルバックアップを使用し、日曜日の業務終了時の状態にデータを復元
  2. 月曜日の増分バックアップを使用し、月曜日の業務終了時の状態にデータを復元
  3. 火曜日の増分バックアップを使用し、火曜日の業務終了時の状態にデータを復元
したがって、必要になるバックアップファイルの適切な組合せは「ア」です。

© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop