ITパスポート 平成28年春期 問99

問99

インタフェースの規格①〜④のうち,接続ケーブルなどによる物理的な接続を必要としない規格だけを全て挙げたものはどれか。
  1. Bluetooth
  2. IEEE1394
  3. IrDA
  4. USB3.0

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

それぞれの規格は次のような特徴をもちます。
Bluetooth
2.4GHz帯の電波を用いて、数mから100m程度の距離の情報機器間で、電波を使い最大24Mbpsの無線通信を行う規格。パソコン周辺機器の接続、ゲーム機、ハンズフリー通話、ヘッドフォンなどの接続形態として普及している。
IEEE1394
AV機器やコンピュータを接続する高速シリアルインターフェース規格で「FireWire」とも呼ばれる。
99_1.gif/image-size:167×153
IrDA
携帯電話のアドレス帳などのデータ交換を行う場合に使用される「赤外線」を使って無線通信をする技術。通信可能範囲は30cm〜2m程度と狭く、固い壁で隔てられた場所同士の通信はできない。
USB3.0
現在最も普及している周辺機器接続のためのインターフェイス。シリアルバス規格のひとつであり、主な特徴として、ハブを使うことで最大127台まで接続可能、ホットプラグ・プラグアンドプレイが可能、バスパワー方式に対応しており小電力のデバイスならコードを介して電源供給が可能なことなどが挙げられる。USB3.0では5Gbpsの通信が可能となっている。
99_2.gif/image-size:167×153
無線通信規格に該当するのは"Bluetooth"と"IrDA"なので、正しい組合せは「①,③」です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop