ITパスポート 平成29年秋期 問32

問32

マーケティングミックスにおける売り手から見た要素は4Pと呼ばれる。これに対応する買い手から見た要素はどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

マーケティングミックスとは、企業がマーケティング戦略において目標とする市場から期待する反応を得るために組み合わせる、複数のマーケティング要素のことです。

マーケティングミックスには幾つかの組合せが考えられますが、このうち4Pは売り手側の企業が顧客に対してとり得る4つのマーケティング手段を表します。
  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)
4Pを買い手側の視点(顧客価値、顧客負担、利便性、対話)に置き換えた考え方を4Cといいます。4Pと4Cの各要素は以下のように対応しています。
32.gif/image-size:439×215
  • 正しい。4Cは、4Pを買い手側から見た要素に置き換えたものです。
  • 4Sは、現場の環境を整備し職場改善に繋げるための基本活動である4つの要素(整理、整頓、清潔、清掃)を合わせた言葉です。
  • AIDMA(アイドマ)は、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルで、購入に至るまでには、注意(Attention)→関心(Interest)→欲求(Desire)→記憶(Memory)→行動(Action)の段階があることを示しています。
  • SWOTは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)、の各視点から自社環境を考察して戦略を立てる考え方です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop