ITパスポート 平成29年春期 問23

問23

組織の情報共有とコミュニケーションの促進を図るためにグループウェアを利用することを検討している。必要なサーバやソフトウェアを自社で購入せずに利用できるソリューションとして,適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » ソリューションビジネス

正解

解説

ASP(Application Service Provider)は、主に業務用のアプリケーションをインターネットを通じて、顧客にレンタルする事業者です。サービス利用側は、ASPのサーバにアクセスしてサーバ内のソフトウェアをサービスの形で利用します。最近ではブラウザベースのアプリケーションが普及しているため、インターネット環境とブラウザさえあれば環境を問わず利用できます。
利点としては、自社でハードウェア・ソフトウェアを保有することがないので管理・保守コストを削減できることが挙げられます。このため、購入や新規開発よりも費用を安くできることがあります。
  • 正しい。ハードウェア・ソフトウェアを自社で購入しないという条件があるため、ASPの選択が適切です。
  • Business Process Outsourcingの略。業務を外部委託することなので不適切です。
  • Internet Service Providerの略。顧客である企業や家庭のコンピュータをインターネットに接続するインターネット接続業者です。グループウェアの導入とは関係がありません。
  • System Integrationの略。システムの企画からシステム構築、運用、保守までに必要となる作業の一部、あるいはすべてを一貫して請け負う事業またはサービスです。サーバやソフトウェアは発注側で購入することになるため不適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop