ITパスポート 平成29年春期 問39

問39

ソフトウェアの開発に当たり,必要となる作業を階層構造としてブレークダウンする手法はどれか。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したものです。作業の漏れや抜けを防ぎ、プロジェクトの範囲を明確にすると同時に、作業単位ごとに内容・所要時間・コストを設定することでコントロールをしやすくする目的があります。
39.gif/image-size:434×250
  • CMMは能力成熟度モデルと呼ばれ、組織がより良いプロセス管理を行うために遵守すべき指針を体系化したものです。
  • ITILは、ITサービスマネジメントのベストプラクティスを集めたフレームワークです。
  • PERTは、プロジェクトの各作業間の関連性や順序関係を視覚的に表現する図です。
  • 正しい。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop