ITパスポート 平成29年春期 問41

問41

製品やサービスの納入者を選定するために用意するものとして,適切なものはどれか。
  • コミュニケーションマネジメント計画書
  • テストケース
  • 評価基準
  • プロジェクト憲章

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

発注側企業は、調達を実施する際に、提案依頼書(RFP)を発行して複数のベンダ企業に具体的なシステム提案を依頼します。こうして得られた提案書を精査し、あらかじめ用意した提案書評価基準および選定プロセスに基づいて納入者を選定します。
提案書評価基準の例としては、ベンダ企業の能力・実績、提案書の適合度、保証の程度などが挙げられ、要素ごとの重み付けを考慮した得点モデルなどで評価されます。
  • 選定するために用意するものではありません。
  • 成果物の受入れテスト時に必要となります。
  • 正しい。納入者の選定時に必要になります。
  • プロジェクト憲章は、調達を実施するプロジェクト開始時に、プロジェクトを公式に承認するために用意されます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop