ITパスポート 平成29年春期 問66

問66

情報処理技術者試験の日程を確認するために,Webブラウザのアドレスバーに情報処理技術者試験センターのURL"https://www.jitec.ipa.go.jp/"を入力したところ,正しく入力しているにもかかわらず,何度入力しても接続工ラーとなってしまった。そこで,あらかじめ調べておいたIPアドレスを使って接続したところ接続できた。接続エラーの原因として最も疑われるものはどれか。
  • DHCPサーバの障害
  • DNSサーバの障害
  • PCに接続されているLANケーブルの断線
  • デフォルトルータの障害

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

DNSサーバは、TCP/IPにおいてドメイン名/ホスト名とIPアドレスを紐付け、名前解決を行うサーバです。
TCP/IPでは通信相手や送信元の端末をIPアドレスで指定します。このためブラウザのアドレスバーに打ち込まれたURLのドメイン名/ホスト名を、そのまま通信に使用することはできません。PCは、通信開始に先立ちDNSサーバに名前解決要求を行って対応するIPアドレスを得ています。

設問のケースでは、IPアドレスの直指定では接続できています。このことから使用しているPCから通信先のWebサーバまでの通信経路は正常に動作していると判断できます。このためURLで接続できなかった原因は、ドメイン名をIPアドレスに変換するDNSサーバの障害である確率が高いと推測できます。

したがって正解は「イ」です。
  • DHCPは、クライアントPCがネットワークに接続されたときに、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイのIPアドレス、DNSサーバのIPアドレスなどを自動設定するプロトコルです。DHCPに障害が発生しているならば、普段DHCPを使用しているPCには、これらの情報が未設定となりインターネットに接続できないはずです。しかし、設問のケースではインターネットに接続できているので、DHCPサーバは正常に動作していると判断できます。
  • 正しい。
  • LANケーブルが断線しているならば、デフォルトルータまで通信が届かないので、インターネットに接続できないはずです。しかし、設問のケースではインターネットに接続できているので、LANケーブルは正常に動作していると判断できます。
  • デフォルトルータに障害が発生しているならば、インターネットに接続できないはずです。しかしIPアドレスの指定で通信できたので、デフォルトルータは正常に動作していると判断できます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop