ITパスポート 平成29年春期 問79

問79

情報セキュリティにおける完全性を維持する対策の例として,最も適切なものはどれか。
  • データにディジタル署名を付与する。
  • データを暗号化する。
  • ハードウェアを二重化する。
  • 負荷分散装置を導入する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

情報セキュリティマネジメントにおいては、機密性、完全性、可用性の三要素を維持管理することが重要とされています。
機密性
許可された正規のユーザだけが情報にアクセスできる度合い
完全性
情報が完全で、改ざん・破壊されていない度合い
可用性
障害が発生しても安定したサービスを提供でき、ユーザが必要な時にシステムを利用可能である度合い
ディジタル署名は、受信したデータが改ざんされているかどうかを確認できる仕組みなので、完全性の向上に寄与します。したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。完全性を維持する対策です。
  • 機密性を維持する対策です。
  • 可用性を維持する対策です。
  • 可用性を維持する対策です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop