ITパスポート 平成30年秋期 問66

問66

NFCに関する記述として,適切なものはどれか。
  • 10cm程度の近距離での通信を行うものであり,ICカードやICタグのデータの読み書きに利用されている。
  • 数十mのエリアで通信を行うことができ,無線LANに利用されている。
  • 赤外線を利用して通信を行うものであり,携帯電話のデータ交換などに利用されている。
  • 複数の人工衛星からの電波を受信することができ,カーナビの位置計測に利用されている。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

NFC(Near Field Communication,近距離無線通信)は、オランダのフィリップスと日本のソニーが共同開発した至近距離での無線通信を行う国際標準規格です。13.56MHz(短波帯、HF)の電波を用いて、数cm〜10cm程度までの極近距離で最大速度424kbpsの無線通信を行うことできます。

NFCは、非接触型ICカードの技術に基づいて開発されたもので、おサイフケータイ機能やSuica、WAON、楽天Edy、nanacoなどの電子マネーICカードで使用されている通信規格「FeliCa(フェリカ)」もNFC規格の1つです。また、携帯電話やPCに搭載することで機器間でのデータ交換にも利用できます。

したがって「ア」が適切な記述です。
  • 正しい。
  • NFCの通信範囲は高々10cm程度ですので無線LANには使用できません。
  • IrDA(Infrared Data Association)に関する記述です。NFCは13.56MHzの電波を用います。
  • GPS(Global Positioning System)に関する記述です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop