ITパスポート平成30年春期 問62

問62

1台のコンピュータを論理的に分割し,それぞれで独立したOSとアプリケーションソフトを実行させ,あたかも複数のコンピュータが同時に稼働しているかのように見せる技術として,最も適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

仮想化は、ソフトウェア制御により、サーバなどのコンピュータ内におけるプロセッサ(CPU)、メモリ、ディスクなどの各資源を、その物理的な構成にかかわらず、柔軟に分割・統合する技術の総称です。仮想化技術を使うと、1台のサーバマシンで複数のOSやアプリケーションを動作させたり、複数の物理的装置を単一の論理的装置に見せかけたりすることができるようになります。
62.gif/image-size:221×258
  • Network Attached Storageの略。TCP/IPのコンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバのことです。
  • 拡張現実(AR)は、現実世界の情報にディジタル合成などによって作られた情報を重ねて、人間から見た現実世界を拡張する技術です。
  • 正しい。
  • マルチブートとは、1つのコンピュータに複数のOSをインストールし、OSを選択して起動できる環境のことです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop