ITパスポート 平成30年春期 問74

問74

32ビットCPU及び64ビットCPUに関する記述のうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。
  1. 32ビットCPUと64ビットCPUでは,64ビットCPUの方が取り扱えるメモリ空間の理論上の上限は大きい。
  2. 64ビットCPUを搭載したPCで動作する32ビット用のOSはない。
  3. USBメモリの読み書きの速度は,64ビットCPUを採用したPCの方が32ビットCPUを採用したPCよりも2倍速い。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

○ビットCPUの「○ビット」とは、CPUが一度に扱える処理量を示します。32ビットCPUでは32ビット同士の、64ビットOSであれば64ビット同士の演算を一度に行えるという意味になります。
  1. 正しい。32ビットOSでは扱えるメモリ空間の上限が(232=)4Gバイトですが、64ビットOSでは理論上16エクサバイト(約1600万TB)まで扱えます。
  2. 誤り。64ビットCPUと、64ビットCPUに対応したマザーボードは、32ビットとの互換性があるので、32ビット版OSも動作します。
  3. 誤り。32ビットであっても、64ビットであってもメモリの読み書き速度は大差ありません。これはCPUの動作速度と比較した場合のメモリの動作速度が著しく遅いためです。
適切な記述は「a」のみですので「ア」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop